髪に関して心配する男性
  • ホーム
  • 髪を発毛する際に好ましくないアフロヘアー

髪を発毛する際に好ましくないアフロヘアー

鏡を見ている男性

これまで薄毛と言えば中年を過ぎた男性に起こる症状として取り扱いされてきましたが、昨今では若い人が悩むことも増えてきています。
中高年の場合は男性ホルモンの増加やストレスなど、いわゆる男性型脱毛症が引き起こされる要因により生じます。
一方、若年層の場合は髪型が関係しているケースが多いです。
一時的なお洒落を優先した結果、薄毛となり長い将来悩み続けるという事になります。
長髪やパーマ、ヘアカラーリングなど好ましくないヘアスタイルは複数存在していますが、最も好ましくないのはアフロヘアーです。
アフロヘアーは頭皮に近い部分まで薬剤を塗布する上に、高温の機器で刺激します。
そのため、毛髪のみならず毛根にも大きなダメージを与えてしまう事になるのです。
根本的に毛根がダメージを受けてしまうと発毛する事は難しくなるので、できるだけ短髪にして特殊な施術は行わないようにしましょう。
また、発毛を阻害する事例として若年層の場合は目の酷使も挙げられます。
今日のような情報化社会においては、スマートフォンやコンピューターなどの画面を見続ける事が多く目を酷使しやすい環境です。
あまり知られていない事ですが、目を使い過ぎてしまうという事は薄毛に繋がります。
長時間一点を見続ける事により、頭痛が生じたり肩凝りが引き起こされ血行不良に見舞われます。
血行不良になると頭部に血液と共に栄養素が行き届かなくなるので発毛が行えなくなります。
現代社会ではコンピューターを利用せずにお仕事を行う事は不可能なので、使用時にはできるだけ眼球を動かす事を意識してください。
眼球を動かすと眼筋が動くので、結果的に肩凝りなども解消されて頭部に対して血液が巡るようになります。